『見た目で』 曽雌康晴

先輩芸人の皆川さんが出演なさる公演が桐朋学園で行われたので拝見しに仙川に行ってまいりました。

完全暗転が難しい小屋らしく、裏明かりが漏れてしまったり、スピーカーの大きさの関係でもっと大音量を出したかったんだろうなとか、きちんと演出が具現化できる小屋でやらせてあげたくなるような公演でした。

先日のサギまがいの公演を見に来てくれた大学同期の桜塚やっくんが「同期が頑張ってるのが嬉しいよ」だなんて泣かせる嬉しいことを言ってくれました

学生時代の仲間は特別な思い入れがあるので、皆川さんも仲間と共に頑張って行けたら素敵だなと思います。

終演後に挨拶に行ったら、グレート義太夫さんも見に来ていらしてビックリしました

「曽雌はコレ、渡された?」と、ID証みたいなのを掲げられたのですが、僕は受け取ってませんでした。

「あ、くっそ人を見た目で危ないヤツだと差別しやがって

桐朋の警備員の方々、義太夫さんは見た目はサリンやらでポアしそうですが、優しい良い人なんですよ(笑)

ってか、僕もまだ大学生に見えるのかな(笑)

義太夫さん、コーヒー&ドーナツ、ごちそうさまでした
皆川さん、お疲れさまでした

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

義太夫
2009年09月30日 00:38
あの警備員さんは、仕事ができる人だね…。
って言ってて悲しいわっ!

文化祭の葉書も見せたのに…。(笑)
そし
2009年09月30日 12:06
>義太夫さん

敏腕警備員さんでしたね(笑)

この話題に関連してお話してた「フライデー事件」を皆川さんが知らなかったのはジェネレーション・ギャップを感じざるを得ませんでした…。

この記事へのトラックバック